連載

編集部が見つけた素敵なモノ&コト

月とみのりアンテナ

赤ちゃんとの対面を指折り待つ日々や、
赤ちゃんと暮らし始めた新米おかあさんの毎日を、
ちょっと素敵に彩るモノやコト。
うれしい・たのしい耳寄り情報が満載です。

【産育食ラボ速報】タバコが赤ちゃんの遺伝子を変えてしまうってホント!?

産育食ラボから速報です!
妊娠中はタバコは禁物ですが、どうしてお腹の赤ちゃんに影響するのでしょうか?産育食ラボから、タバコが与える赤ちゃんの遺伝子への影響について最新研究のレポートです。

DSC_0039

このサイトでは「妊娠中の栄養と赤ちゃんの健康」について、最新の研究をわかりやすくお伝えしています。

先日発表された論文によれば、妊娠中に喫煙していたおかあさんから生まれた赤ちゃんでは、遺伝情報がたくさん変化していたそうです。研究結果は科学雑誌「American Journal of Human Genetics」のオンライン版で公開されました。

【妊娠中のタバコが胎児のDNAに変化を起こす】

妊娠中の喫煙が赤ちゃんに与える悪影響については、今までも数多く報告されていました。しかしそのメカニズムは正確にはわかっていません。

このたび欧米の13の研究グループが共同で、「喫煙していた妊婦」と「喫煙しなかった妊婦」それぞれから生まれた赤ちゃんのゲノムを比較解析しました。

すると「喫煙していた妊婦」から生まれた赤ちゃんでは、なんと約6000カ所を超える場所でDNAが化学的に変化していることが確認されました。この数を聞いただけでも、タバコが赤ちゃんにどれだけ多くの影響を与えるかがわかります。

詳しい解析はこれからですが、一例をあげると、「口唇裂(こうしんれつ)」に関わる多くの遺伝子に変化が見つかりました。口唇裂とは唇が裂けたようになる顔面奇形の一つで、その原因は現在まではっきりとはわかっていませんでした。今回の研究により、タバコが口唇裂の主要な原因になることが示されたわけです。その他にも、肺の発生や神経の発生に欠かせない遺伝子に多くの変化が見つかっており、今後のさらなる研究が待たれます。

【お腹の中で遺伝子の働き方が変わる】

ゲノムとは親から子へ受け継がれる、生命活動に必要なすべての情報が書き込まれた生命の「設計図」です。ゲノムは「DNA」という物質から出来ています。この設計図の、どの部分を、いつ、どこで、どのように用いるのかをコントロールすることを「遺伝子制御」といいます。

遺伝子制御に影響を与えると考えられているのが胎児期、すなわちお腹の中の環境です。たとえば妊娠中におかあさんの栄養が足りないと、赤ちゃんのDNAが変化して、将来的に糖尿病や高血圧などになりやすいことが知られています。この変化は遺伝ではなく、お腹の中の環境によって「遺伝子の働き方」が変わることで起こります。このような変化を「エピジェネティック(遺伝の後の、という意味)変化」といいます。

今回の研究により、妊娠中の喫煙が、赤ちゃんのゲノムに多くのエピジェネティック変化を引き起こすことがわかりました。この変化は生涯にわたって、赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼすと考えられます。妊娠中に禁煙が不可欠な理由が、よくおわかりになったことと思います。

【妊婦さんだけじゃない-パートナーのタバコも赤ちゃんに悪影響】

タバコを控えるべきなのは、なにもおかあさんだけではありません。「副流煙」という言葉が浸透して久しいですが、パートナーや周囲の人が吐いたタバコの煙もまた、新生児やお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことがわかっています。

副流煙によって乳幼児突然死症候群や小児がん、呼吸器感染や喘息を引き起こしやすくなり、低体重児になるリスクが高くなることが報告されています。また注意欠陥多動性障害(ADHD)や学習障害など、神経系への影響も見られます。

妊娠は赤ちゃんのことだけでなく、ご自身や家族の健康について考えてみるよい機会です。おかあさんはもちろんのこと家族や周りの方も一緒に、タバコとの付き合い方をあらためて見直してみましょう。

ご紹介した論文
DNA Methylation in Newborns and Maternal Smoking in Pregnancy: Genome-wide Consortium Meta-analysis Joubert BR et al. American Journal of Human Genetics (2016) DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.ajhg.2016.02.019

参考
Physical, behavioral, and cognitive effects of prenatal tobacco and postnatal secondhand smoke exposure. Zhou S et al. Curr Probl Pediatr Adolesc Health Care. 2014 Sep;44(8):219-41.
厚生労働省 乳幼児突然死症候群http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/sids.html

このページの上部へ