連載

編集部が見つけた素敵なモノ&コト

月とみのりアンテナ

赤ちゃんとの対面を指折り待つ日々や、
赤ちゃんと暮らし始めた新米おかあさんの毎日を、
ちょっと素敵に彩るモノやコト。
うれしい・たのしい耳寄り情報が満載です。

今ある家具にひと工夫!布で大型おもちゃを作っちゃお

ハイハイやつかまり立ちを覚えてどんどん活動範囲が広がる赤ちゃん。ちいさなボール一つで喜んでいた時期は過ぎ、ダイナミックな動きや大きなおもちゃに心ひかれ始めます。でも大型おもちゃの導入は予算も場所も悩みどころ。布を使った手作りでまずは始めてみませんか?布おもちゃの良い点は、何より手触りの優しさ。
大型おもちゃにするとさらに、「折り畳んで小さくしまえる」点が加わり、収納にも大きな味方になってくれます!

kichen
eHow

こちらは一人用の椅子をキッチンコンロに早変わりさせるカバー。
これさえあれば赤ちゃんも立ち遊びとおままごとを両立させられます。
椅子を使用したい時にはカバーを外せばOK、汚れ防止にも役立つかも。
くわしい作り方つき。

workbench
eHow

こちらは上の作業台バージョン。
さまざまな工具を収納できるポケットで、リアル感を増しています!
クリエイティビティが育つかも?
作り方つき。

chairtent
apartmrnt therapy

小さな頃、大きなシーツをかけるて、隠れ家のように楽しんだ記憶がありますが、
こちらは椅子を使っておうちのようなテントスペースを作るもの。
こんなに立派な隠れ家、楽しそう!

playhouse_table
artful parent

このテントはテーブル下を利用したもの。
窓からのぞく顔がとても嬉しそうです!
小さな赤ちゃんなら、出たり入ったりを繰り返しそう。
もしくはママも一緒にどうぞ、と誘われるかも。

hallway
ikatbag

おうちの玄関のようなこちらは、廊下の間仕切りのように使えるもの。
開いた扉からハイハイで出入りするのが楽しそうですね。
この玄関、工夫があり…

hallway_close
閉じておくと、通行止めのような役割にも。
今は通ってほしくないな、という場所に設置することもできる優れたデザインです。

puppet
HIP HIP Hooray!

同じ間仕切りのような仕組みで、こんな人形劇の舞台にするアイデアも。
窓としておうちごっこに使ったり、舞台装置として使ったり、子どもの発想で長くさまざまに使えそうです。

赤ちゃんの成長とともに気になる始める大型おもちゃ。
布を使えば収納場所も小さく、手作りならばサイズ合わせも自由自在。
本格的な購入を前に、まずはお試しで作ってみるのもありかもしれませんね。

このページの上部へ