連載

編集部が見つけた素敵なモノ&コト

月とみのりアンテナ

赤ちゃんとの対面を指折り待つ日々や、
赤ちゃんと暮らし始めた新米おかあさんの毎日を、
ちょっと素敵に彩るモノやコト。
うれしい・たのしい耳寄り情報が満載です。

きずなメール LINE、Twitterで「孤育て」防ぐ

たったひとりで育児を行う孤独な子育てを「孤育て」と呼び、予防のための「きずなメール」を配信しているNPO法人きずなメール・プロジェクト。自治体の子育て支援として扱われてきましたが、LINEやTwitterが全国版として配信されるようになりました。

妊娠中、直接に見ることはできないけれど、お腹の中で毎日ぐんぐん成長している赤ちゃん。
そんな日々の様子、妊娠中の体の変化、生活のアドバイス等が毎日メールで送られてくる、それが「きずなメール」です。

このきずなメール、赤ちゃんの様子を知ることができる便利なツールというだけでなく、「孤育て」を予防する目的もあるのです。

「孤育て」とは…

夫や家族からの育児の協力が得られず、近くに助けてもらえる人もいない中で子育てをしている状態のこと。核家族化や、働いていた女性が出産、子育てで仕事を離れたことで感じる疎外感などが背景にあります。産後の女性の5人に1人がかかる可能性があるといわれる産後うつや、0歳児に最も多い虐待死の陰には孤育てがあるとの指摘もあります。
孤育て予防の2つの力|きずなメール・プロジェクト

「孤育て」は、店頭などで業務をひとりで行う厳しい人員配置になぞらえて「ワンオペ(ワン・オペレーション)」と呼ぶなど、今問題視されているもの。
「きずなメール」で赤ちゃんの様子を産前から共有することで、家族間・親族間でのきずなを深めることができ、また内容に地域の子育て情報を交えることで地域とのきずなを結ぶこともできる、そんなメールなのです。


新しく加わったLINEやTwitterは、メール同様に無料で誰でもどこでも受信可能。
赤ちゃんの出産予定日や誕生日を入力することで、そのタイミングに応じた内容を日頃よく使うSNSで気軽に読むことができ、必要な情報を得ることができます。
きずなメールの配信が行われていない自治体に住んでいる人、海外や離島の人、過疎地域の人などでも利用しやすいのがポイント。
赤ちゃんの様子、妊娠経過の目安、月齢ごとの成長が送られてくるので、おかあさんだけでなくパートナーや祖父母など周囲の人が登録すれば、離れていても理解を深めることができます。

みんなを巻き込んで、赤ちゃんに関わる人を一人でも多く。赤ちゃんとおかあさんの子育てを、みんなの子育てにしていきましょう。

このページの上部へ