連載

編集部が見つけた素敵なモノ&コト

月とみのりアンテナ

赤ちゃんとの対面を指折り待つ日々や、
赤ちゃんと暮らし始めた新米おかあさんの毎日を、
ちょっと素敵に彩るモノやコト。
うれしい・たのしい耳寄り情報が満載です。

離乳食に、動かないお皿。ezpzのhappy mat

離乳食が始まり、最初は与えられるスプーンを口を開けて食べるばかりの赤ちゃんも、次第に手づかみ食べ・遊び食べ、と自分で食べるようになっていきます。そんな時にあれば便利なくっつくお皿がこちら。

手づかみや遊び食べが始まると、お皿やお椀自体もおもちゃに変わっていくことが。
お皿自体をつかんだり、放り投げたり…
乾いた食べ物ばかりならまだしも、汁物やウエットなおかずの時には大変!
赤ちゃん自身はもちろん、テーブルも床も離れた家具や壁紙まで飛び散ったおかず等がべっちょり……

そんな時にあれば便利なお皿がこちら。ezpzのhappy matです。


photo:amazon

お皿というよりも、もはやマット。
シリコン製のランチョンマットと食器が一体化して、お皿だけを動かすことができないようになっています。
また、このマットが平らなテーブルにぴたりと張り付くので、マットごと持ち上げることが困難な仕組み。ごはんやおやつの入ったお皿を投げられる恐れがないため、気が楽ですね。


photo:amazon

マットは丸洗いでき、食洗機の使用もOK。
重すぎず、しなやかな素材なので、持ち運びも可能です。

ただ、テーブルに密着させるので、凹凸がある机には貼付けられません。
また、取り外すにはマットの隅をつまみ、シールをはがすようにして外します。
もしも赤ちゃんがこのやり方を覚えてしまうと、自分で外してしまう可能性あり。

photo:amazon

赤ちゃんの手づかみ食べは大切な成長の一段階。
手づかみしたものが下へ落ちたり衣服を汚したりしてしまうのはこのハッピーマットがあっても防げませんが、少しでもおおらかな気持ちで見守ることができれば、お世話する人も赤ちゃんもハッピーになれそうですね。

このページの上部へ