連載

編集部が見つけた素敵なモノ&コト

月とみのりアンテナ

赤ちゃんとの対面を指折り待つ日々や、
赤ちゃんと暮らし始めた新米おかあさんの毎日を、
ちょっと素敵に彩るモノやコト。
うれしい・たのしい耳寄り情報が満載です。

液体ミルクついに解禁に!

長らく検討されてきた乳児用液体ミルクの製造販売がついに解禁されました。これによってどんなことが変わるのでしょうか?


調乳の必要がなく、普段はもちろんのこと清潔な水の確保が難しくなる災害時にも役立つとされ国内での製造・販売が検討されてきた乳児用液体ミルク。
ようやく改正省令が施行され、解禁となりました。

諸外国ではすでに一般的に普及している液体ミルク。
メリットとしては

・常温での長期保存が可能
・調乳の必要がなく、水や沸騰させる環境がなくても授乳できる

などが挙げられ、育児負担の軽減や災害時の活用などが期待できます。
一方、デメリットとしては

・粉ミルクより割高
・保存にスペースが必要

など。
常温のまま赤ちゃんにあげることに抵抗を感じるかもしれませんが、一般に粉ミルクを人肌の温度にとされるのは、調乳時にサカザキ菌などを殺菌させるため70度のお湯を用いなければならないため。
熱いミルクを人肌程度までは冷ましてからあげましょう、という目安です。

ただ、解禁されたらすぐに販売開始というわけれはないようです。

今後、国内メーカーによる商品開発が進むとみられるが、実際に流通するまでには「最低でも1年以上はかかる」(大手メーカー)見通しだ。
乳児用液体ミルク解禁…販売開始までは最低1年以上|YOMIURI ONLINE

1年以上先のことになりそうではありますが、一般の販売が始まれば、

・毎日のミルクを液体ミルクに切り替え、スムーズな哺乳にする。
・日中は粉ミルクだけど、夜間授乳は液体ミルクに。
・外出時は調乳の手間を省ける液体ミルクに。
・普段は粉ミルクだけど緊急時のため備蓄しておく、いつもは母乳だけど、災害時は栄養が偏ったり母乳が止まってしまうこともあるので備蓄しておく。

などなど、様々な活用方法が広がるでしょう。すぐ飲める形で備蓄できるのも、赤ちゃんにとって大変心強いですね。
何よりも、育児のための選択肢が増えることは赤ちゃんにとってもお世話をする大人のとっても大きなプラスになります。
販売開始を待ち遠しいですね。

 

このページの上部へ