連載

愛情とひと手間で作るやさしい時間

手作りを楽しむ
つくるまいにち

「うむ・そだてる」日々を通して気づく、
手仕事のいとおしさ。ママクリエイター森国雅子さん
が提案するハンドメイド雑貨のレシピで、
丁寧な時間を楽しんでみませんか?

つくるまいにち ガーランドの作り方

飾ると部屋の雰囲気を楽しくしてくれるガーランドは、赤ちゃんがいるシーンにぴったり。思い入れのある、なかなか捨てられないハギレも有効利用させてください。

2015_02_01
第2回目は、ガーランドをご紹介します。
飾ると部屋の雰囲気を楽しくしてくれるガーランドは、
赤ちゃんがいるシーンにぴったり。
私自身も下の息子が生まれた時にたくさん作りました。
小学生の娘にも部屋に飾りたいとせがまれ、
いろんな布を組み合わせて作った思い出があります。

誕生日やお食い初め、初節句は昔からお祝いごととしてありますが、
今は生後6ヶ月の赤ちゃんをお祝いするハーフバースデーや
赤ちゃんが生まれる前の妊娠8ヶ月あたりのお母さんをお祝いする
ベビーシャワーというイベントもあるのだそう。
そんなイベントの時に、飾って写真を撮ってみると特別感がでると思います。

またイベント以外でも赤ちゃんが生まれると写真を撮る機会も増えると思いますが、
まだねんねの赤ちゃんの横に置いてみても可愛い写真が撮れます。
布でできているので、万が一赤ちゃんが触れても肌を傷つけることもなく
安心して使っていただけますよ。

布は何かを作ったときに残るハギレなどを使ってみてください。
私も小さなハギレでも思い入れがあって、なかなか捨てれないことがありますが
ガーランドに作り替えるといつでも眺められて、目に入ると嬉しくなります。

ではこちらから作り方です。

2015_02_02

森国雅子 forest design

森国雅子 forest design

福井県出身、大阪在住。百貨店の宣伝部で6年間働く。
退職後、専業主婦時代に手仕事の楽しさを実感する。
第二子出産後、フリーランスでデザインの仕事をスタート。
2014年からは、活版印刷所の再生にも取り組む。
家庭では、小学生の姉と少し歳の離れた弟の母。

forest design http://forestdesign.info
大枝活版室 http://www.oeda-kappan.com

このページの上部へ