連載

愛情とひと手間で作るやさしい時間

手作りを楽しむ
つくるまいにち

「うむ・そだてる」日々を通して気づく、
手仕事のいとおしさ。ママクリエイター森国雅子さん
が提案するハンドメイド雑貨のレシピで、
丁寧な時間を楽しんでみませんか?

つくるまいにち シンプルトートの作り方

軽くて荷物をポイポイ入れることができるバッグをお気に入りの布で作ってみませんか?春の陽気に誘われて赤ちゃんとのお出かけも楽しくなりますよ。

2015_03_01

 

第3回は、シンプルなトートバッグをご紹介します。
このバッグを作ろうと思ったきっかけは、生まれたばかりの息子をと出かける際、
抱っこ紐での移動が多かったため、使いやすいバッグが欲しくなり作ることにしました。
1人目を妊娠中はマザーズバッグもたくさんリサーチして、高価なものを買ってみたりしたのですが、
重たい、使いにくいなどの理由で結局手持ちのバッグを使っていました。

抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこするだけで、相当な重さがお母さんの肩と腰にのしかかります。
私自身も肩こりや腰の痛みに悩まされました。
毎日使うものなので、できるだけストレスがないものがいいですよね。
可愛い布を使って、軽くてお出かけが楽しくなるバッグを作ってみ てください。

シンプルなバッグなので、エコバッグとして使うこともできます。
息子が大きくなってからも、小さくたたんでバッグに忍ばせていました。
子どもが脱いだコートや買い物で荷物が増えたら、
かさばる荷物もひとまとめにできてとっても便利です。

息子が3歳前になった今でも活躍しているアイテムの一つです。
直線縫いでダダダーッと縫えて簡単にできるものポイントですよ。
ではこちらから作り方です。

2015_03_02

森国雅子 forest design

森国雅子 forest design

福井県出身、大阪在住。百貨店の宣伝部で6年間働く。
退職後、専業主婦時代に手仕事の楽しさを実感する。
第二子出産後、フリーランスでデザインの仕事をスタート。
2014年からは、活版印刷所の再生にも取り組む。
家庭では、小学生の姉と少し歳の離れた弟の母。

forest design http://forestdesign.info
大枝活版室 http://www.oeda-kappan.com

このページの上部へ