連載

愛情とひと手間で作るやさしい時間

手作りを楽しむ
つくるまいにち

「うむ・そだてる」日々を通して気づく、
手仕事のいとおしさ。ママクリエイター森国雅子さん
が提案するハンドメイド雑貨のレシピで、
丁寧な時間を楽しんでみませんか?

つくるまいにち 授乳ケープの作り方

赤ちゃんが外出先でおっぱいを欲しがった時に便利な授乳ケープ。直線縫いで簡単に作ることができます。小さくたたんで鞄に忍ばせておくと安心ですよ。

2015_05_01第5回は、授乳ケープをご紹介します。

赤ちゃんをミルクで育てる、母乳で育てる、混合で…
子育ても人それぞれですよね。
私自身おっぱいトラブルはたくさんありましたが、
どうにか母乳で子供を育てることができました。

母乳育児の場合、赤ちゃんも少し大きくなり
外出が増えると困るのが外での授乳。
最近は授乳室がある場所も増えてはきていますが、
どこにでもあるものでもありません。
たとえ女性しかいない場所だとしても、胸元が見えるのは
誰でも恥ずかしいものだと思います。

そんな時にとても便利だったのがこの授乳ケープ。
鞄に忍ばせておくと子どもがおっぱいを欲しがった時、
場所を選べば外でも授乳することができました。

市販のものにはワイヤーなどが入っていて
赤ちゃんのお顔を見ながら授乳…というものもありますが、
できるだけコンパクトにしたかったので
ワイヤーなしのタイプで作りました。

ワイヤーが入っていない分、やさしい素材で作ってあげると
ベビーカーなどで寝てしまった子どもにサッと
かけてあげたりできてとても便利です。

柄や布の素材で、透けないものを選んで作ってみてくださいね。
ではこちらから作り方です。

2015_05_02

森国雅子 forest design

森国雅子 forest design

福井県出身、大阪在住。百貨店の宣伝部で6年間働く。
退職後、専業主婦時代に手仕事の楽しさを実感する。
第二子出産後、フリーランスでデザインの仕事をスタート。
2014年からは、活版印刷所の再生にも取り組む。
家庭では、小学生の姉と少し歳の離れた弟の母。

forest design http://forestdesign.info
大枝活版室 http://www.oeda-kappan.com

このページの上部へ