連載

愛情とひと手間で作るやさしい時間

手作りを楽しむ
つくるまいにち

「うむ・そだてる」日々を通して気づく、
手仕事のいとおしさ。ママクリエイター森国雅子さん
が提案するハンドメイド雑貨のレシピで、
丁寧な時間を楽しんでみませんか?

つくるまいにち プールバッグの作り方

プールはもちろん今の季節、雨の日バッグにも使えるラミネート布で作るバッグ。汚れもつきにくく、一つあるとこれからの季節にとっても便利です。

2015_06_01

第6回は、プールバッグをご紹介します。

梅雨らしい天気の中にも晴れ間ものぞいたりして、
プールで遊びたくなる季節になってきました。
小学校の授業でもプールがスタートし、自宅の隣に小学校がある我が家では
まだちょっと冷たい水にキャーキャー言う子供たちの声が聞こえてきます。
そうなると夏がもうすぐ来るな~と毎年思うのです。

夏と言えばやっぱりプールですが、妊娠中のお母さんや
まだ小さい赤ちゃんの為にさまざまなスイミングのクラスがあります。
マタニティスイミング、ベビースイミングなどなど・・・。

もしスイミングに通うことになった場合、
水着と一緒に用意するのがプールバックですね。
市販のよくある透明で可愛い柄が入ったプールバッグは、
使っていると底の方から破けたりして1年も使えないことが
私の経験で何度もありました。

もっと長い期間使えて、可愛いバッグが欲しいと
思い作ったのがこのプールバッグです。
ステッチをたくさん入れて丈夫に仕上げました。

手芸店でラミネート加工の布がたくさん出ているので
探してみるとお気に入りの柄に出会えると思います。
ミシンのラミネート用のおさえを用意したり、
まち針が使えないので、クリップなどを用意すれば
いつも使っているミシンで簡単に縫うことができます。

その際、マット仕上げでピカピカ、ツルツルしていないラミネート加工の布を
用意すると初心者の方でも滑りがいいので簡単に縫うことができますよ。

雨の日バッグとしても使えますし、
ひとつあるととっても便利なバッグです。

ではこちらから作り方です。

2015_06_02

森国雅子 forest design

森国雅子 forest design

福井県出身、大阪在住。百貨店の宣伝部で6年間働く。
退職後、専業主婦時代に手仕事の楽しさを実感する。
第二子出産後、フリーランスでデザインの仕事をスタート。
2014年からは、活版印刷所の再生にも取り組む。
家庭では、小学生の姉と少し歳の離れた弟の母。

forest design http://forestdesign.info
大枝活版室 http://www.oeda-kappan.com

このページの上部へ