連載

みんなのおすすめ本を紹介します

月とみのり図書館

妊娠中に読んでおきたい本、産後に助けられた本。
文学書だけでなく、漫画でもエッセイでも
実用書でも大歓迎。
あなたのおすすめ本も教えてください!

12月の図書館

妊婦さんとおかあさんのための「月とみのり図書館」今月はこちら。「クリスマスの三つのおくりもの」「あたらしいみかんのむきかた」「14ひきのもちつき」クリスマスとお正月を控えた12月にピッタリの大人も楽しい絵本3冊です。

クリスマスの三つのおくりもの

kurisumasuno3tunookurimono
クリスマスの三つのおくりもの
林明子(著)

子どもたちが大好きな林明子さんのクリスマスにまつわる3冊のミニ絵本がセットに。
手のひらサイズの小さな絵本は、赤ちゃんが自分で本を開けるようになる頃にちょうどいい大きさは持ち運びにも便利。3兄弟それぞれの個性あふれるクリスマスのお話に、心がほっかり暖まります。

あたらしいみかんのむきかた

atarasiimikannnomukikata
あたらしいみかんのむきかた
岡田好弘(作)神谷圭介(文)

大晦日、むきおくんは自らの「みかんむきの才能」に目覚める…!
数年前に話題になった、みかんの楽しい剥き方を紹介する工作絵本。赤ちゃんが自分で読んで楽しむのはまだまだ先ですが、それまでに大人がマスターするのがおすすめ。赤ちゃんが大きくなったある日、剥いてあげたみかんの皮が動物の形だったら…驚く顔が目に浮かびます。一緒に遊ぶ日が待ち遠しくなる1冊。

14ひきのもちつき

14hikinomochituki
14ひきのもちつき
いわむらかずお(著)

季節感あふれる自然描写をバックに、大家族で暮らすねずみ一家の生活を描いた14ひきシリーズ。もちつきの準備から食べる場面まで、丁寧に進みます。お餅つきをすることが珍しくなった今、いつか赤ちゃんと一緒にやってみたいなぁと思わずにいられません。
1匹1匹の動きや表情も豊かでついつい見入ってしまう、おすすめの1冊です。

おすすめ人プロフィール

そえこ

月とみのりスタッフ。神戸市在住、一児の母。
初めての出産と育児に驚きの連続、目を白黒させながら生活してきたが、現在は赤ちゃんを見ればつい変顔を披露する立派なおばちゃんに成長。目指すは肝っ玉母ちゃん。
最近の日課は朝ドラを子どもと一緒に見ることと、おやつ代わりのおにぎり作り。親子でジャズライブに行くのが夢。

このページの上部へ