連載

みんなのおすすめ本を紹介します

月とみのり図書館

妊娠中に読んでおきたい本、産後に助けられた本。
文学書だけでなく、漫画でもエッセイでも
実用書でも大歓迎。
あなたのおすすめ本も教えてください!

11月の図書館

妊婦さんとおかあさんのための「月とみのり図書館」今月はこちら。「トリペと」「れもん、うむもん!」「子育てビフォーアフター」の3冊です。

トリペと


トリペと
コンドウアキ (著)

リラックマなど大人気キャラクターの生みの親・コンドウアキさんの妊娠エッセイマンガ。
リラックマのような、ふんわりとかわいらしいイラストと中身に共感したり癒されたり。
このあと育児編へと続き、お子さんが増え…コンドウさんファミリーの成長する姿に自分を重ねたりもできます。

れもん、うむもん!


れもん、うむもん!
はるな檸檬 (著)

脱力するようなゆるりとしつつスマートな絵柄で、初めての妊娠・出産・育児に誰もが抱く漠然とした不安や孤独感が描き出されています。
作者のはるな檸檬さんは「ママはテンパリスト」作者・東村アキコさんの元でアシスタントをされていた女性。
キレイごとだけでなくつらさや苦しみに寄り添うような、決して母親に幸せな顔だけを強要しない、そんな作品です。

子育てビフォーアフター


子育てビフォーアフター
吉川景都 (著)

子どもを出産する前と後じゃ、あれもこれも予想と大違い!ギャップ、落差に驚くばかり!そんな子育てのビフォー&アフターが面白く描き出されています。
「子どもがそれほど好きではなかった」と正直に打ち明ける筆者の、冷徹だった子どもへの目線が出産後どうなるか…お楽しみに。
「実は子どもが好きじゃないんだけど…」と悩む妊娠前・出産前のひとにも、参考になったりエールになったりするかもしれません。もちろん産後育児に大わらわの人へも。

おすすめ人プロフィール

そえこ

月とみのりスタッフ。神戸市在住、一児の母。
初めての出産と育児に驚きの連続、目を白黒させながら生活してきたが、現在は赤ちゃんを見ればつい変顔を披露する立派なおばちゃんに成長。目指すは肝っ玉母ちゃん。
はやくも寒さに震えつつ、子どもは風の子を痛感する日々。具沢山お味噌汁が毎日の定番。いろんな舞台を親子で見に行くのが夢。

このページの上部へ