連載

編集長コツキが綴る

「月の裏から」

産育食の未来のことから、
ささやかな身辺記にいたるまで。
巡りめぐる月とともに、心に行き来するあれこれ。
海と山にはさまれた神戸の街からお届けします。

プロジェクト第2弾!夏の続報

うみそだてる人の食、産育食(さんいくしょく)を多くの人たちに知ってもらいたい!とスタートした「月とみのり」。WEBサイトから始まったこのプロジェクトの第2弾は、「月とみのり実店舗計画」。その続報を少し、、、

産育食を実際に食べて楽しんで体験してもらえる場があれば、産育食をリアルに発信する場があれば、ということで「cafe&dining&deli キッチン月とみのり」を計画中なんです。

まずは、場所。
妊娠、授乳期のおかあさんが楽に利用できる便利な立地で、電車のアクセスが良くて、車でもOKな所。現在ある程度候補地を絞り込んで、地元の不動産屋さんを回り、情報収集をしているところです。いろいろ想像しながら候補地を見て回るのはなかなか楽しい時間です。

そして、コンセプト。
コンセプト作りには、月とみのりユーザーの皆さんの思い、ご意見をなんとしても反映したいです。「こんな店があったらいい!」、「こんな使い方ができれば」、「こういうデリメニューがあれば便利かも」などなど。

そこで、秋にユーザーの皆さんに集まって頂き、リクエストをその場でバシバシ出してもらう会を開催したいと予定しています。
最初に産育食ワンプレートランチを食べながら、産育食や栄養の話、簡単な調理レクチャーを月とみのりスタッフから。そして、産育食スイーツを食べながら、店のコンセプトやサービスについて自由にティータイムトーク。ユーザーの皆さんとスタッフのセッション。そんなイメージです。

詳細が決まり次第、お知らせしたいと思います。ぜひご参加いただければ!ご意見、リクエストお待ちしています。

今日は「月とみのり」を訪れていただき、どうもありがとうございます。
では、また、月の裏でお会いしましょう。

 

 

 

 

このページの上部へ