連載

編集長コツキが綴る

「月の裏から」

産育食の未来のことから、
ささやかな身辺記にいたるまで。
巡りめぐる月とともに、心に行き来するあれこれ。
海と山にはさまれた神戸の街からお届けします。

2015年、感謝の年

2015年もあとわずか。月とみのりは来年の1月で1歳になります。うみそだてる人の食、産育食(さんいくしょく)を発信して1年。感謝の1年でした、、、

月とみのりの誕生日は2015年1月20日。産育食レシピや妊娠、授乳期を中心とした暮らしの工夫を発信し始めました。おかげ様で少しずつ広がっているのかなと実感しています。訪れていただいた皆さまに感謝です!編集部も試行錯誤の日々でした(あ、現在も)。スタート当初は、今のアクセスはどれぐらい?とホント1時間ごとに気になっていましたが、「おいしそ!」「食べたい!」「作ってみたい!」「やってみよう!」ってなるような役に立つコンテンツを丁寧に作ってお届けすることに力を入れていきたいと思っています。

6月と10月には「産育食レクチャー&ランチビュッフェ会」を開催しました。WEBだけでなくリアルにユーザーの皆さんと楽しくお話ができてスタッフ一同感激でした。また、WEBでもサイトへのあたたかいコメント、ご要望などなどを頂き、ありがとうございました!来年の企画に活かしていきます。

サイト運営に関わって頂いた裏方スタッフの方々にも感謝です。本当にいいクリエイトチームに恵まれて「月とみのり」は幸せです。

今日は大晦日ですが、実は、編集長コツキ、今、産院のキッチンにいます。
月とみのりを運営しているのは、僕ら「みらいたべる」。
主に産院のキッチンで毎日、産前産後のおかあさんたちのごはんを作っている会社です。
ほんのつい先ほども、無限の可能性をもった新しい命が誕生しました。
ドド~ンと広がる大きな未来に、産育食はかかわっている。

ひそやかに確かな誇りを胸にたたみ、感謝の年が暮れていきます。
ひたすら、ありがとうございました!

来年も月とみのりをどうか見守ってやってください。
そして、来年も月の裏でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの上部へ