連載

編集長コツキが綴る

「月の裏から」

産育食の未来のことから、
ささやかな身辺記にいたるまで。
巡りめぐる月とともに、心に行き来するあれこれ。
海と山にはさまれた神戸の街からお届けします。

何者でござる

うみそだてる人の食、産育食(さんいくしょく)がいつでも食べられる店・トイロニ。実店舗プロジェクト、進行中です。少し前にショップカードのデザインと印字するテキストを決めていた時のこと。トイロニは何者なのか?と根源的な問いかけに暫し考え込む、、、

業態でいうと、フツーのカフェダイニングです。ランチメニュー、パスタ、カレー、スイーツなどなど。やっぱりカフェダイニングですね。じゃあ「カフェダイニング トイロニ」でいいじゃあないかという話なんですが、ん~、、、どうも違うような気がしていまして、、、。

トイロニは産育食の発信の場でもありたいし、レクチャー会や産育食のイベントもやっていきたい。それだけでなく、僕らがいいなあと思ったひとやものがクロスする場にしたいなあとも思う。
でも、産育食カフェと言い切ってしまう、その限定具合が窮屈かも。カフェ&ギャラリーでもないような、、、。

そうならば、しかたがない。トイロニは肩書は何もなし。「トイロニ」でいいかと。

しかしですね、これでは何者か分からない。
美容院なのか、飲食店なのか、雑貨屋なのか?

「カジュアルイタリアン居酒屋」、「オーガニックカフェ」、「野菜ダイニング」。
分かりやすい。検索しやすい。

何者か分からない、自分の中にあるカテゴリーに当てはまらないものに対しては、揺らぎ、不安、あるいは警戒が生まれるような。
でも、揺らいだから見える引っかかりもあるのかなあと。トイロニはそちらに賭けたいかなと、いつもながら言い切らず、、、。

そんなこんな調子で進んでいるトイロニ、あと少しでデビューです。

今日は「月とみのり」を訪れていただき、どうもありがとうございます。

では、また、月の裏でお会いしましょう。

このページの上部へ