連載

編集長コツキが綴る

「月の裏から」

産育食の未来のことから、
ささやかな身辺記にいたるまで。
巡りめぐる月とともに、心に行き来するあれこれ。
海と山にはさまれた神戸の街からお届けします。

今年もありがとうございました

今日は大晦日。

またまた昨年に引き続き、私、編集長コツキは産院施設のキッチンにおります。

月とみのりがスタートしてほぼ2年が経ちました。
スタート当初に比べると、毎日たくさんの方に訪れていただくようになり、本当に感謝です。ありがとうございます!

毎週地道に更新を続けています。
長く長く続けることで、うみそだてる人の食、産育食(さんいくしょく)の考え方が、多くの人たちに知られて、語られ、作られて、おいしい!の顔が増えていけばいいなと、編集スタッフは思いつつ、時間に追われながらいつもギリギリで更新ボタンをクリックしています。

今年は産育食のエッセンスがきいたごはんが食べられる「TOIRONI(トイロニ)」もオープンしました!
産育食に興味のある方はぜひ、ご来店くださいませ。産にも育にも関係ないんだけどという方ももちろん大歓迎です(入りづらいということはま~ったくありません!実は男性お一人でフラッとご来店というのも結構多いんです)。

月とみのりから、TOIRONIから、うみそだてる人の食、産育食がふわ~っと広がっていくように、来年も地道に一歩一歩進んでまいります。

産院のキッチンでそんなことを考えつつ、今年もあとわずか。

月とみのりを訪れていただき、ありがとうございました。
サイトの運営に関わっていただいた皆さま、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。

そして、また、来年、月の裏でお会いしましょう!

 

このページの上部へ