月とみのりの台所

産前産後の毎日においしくヘルシー

旬を味わう産育食レシピ

台所に四季の恵みを呼び入れて、
毎日の「いただきます」を心豊かに。
妊娠~授乳期に摂りたい栄養満載のレシピを
毎月お届け。

旬を味わう産育食レシピ

秋鮭の味噌マスタード

難しそうに見えても意外とカンタン♪ 赤ちゃんの発育に大事なDHA、EPAがバッチリ。みそとマスタードの相性も新鮮~!

秋鮭の味噌マスタード

クックパッドでレシピを見る

材料(2人分)

鮭切り身・・・2切れ
ベーコン・・・1枚
ほうれん草・・・1束
しめじ・・・1/2パック
塩・・・ひとつまみ
こしょう・・・適量
オリーブオイル・・・小さじ2

A みそ・・・小さじ2
 粒マスタード・・・小さじ2
 顆粒チキンコンソメ・・・小さじ1/4
 カレー粉・・・ひとつまみ
 片栗粉・・・小さじ1
 牛乳・・・1/2カップ(100㏄)

ココがポイント


ソースの具材はあらかじめ計量して混ぜ合わせておくとスムーズ。


鮭は赤ちゃんの神経系の発達に大事なDHA、EPAや細胞の分化にかかわるビタミンDが豊富。

作り方

  • 1ベーコンは5㎜幅に切る。ほうれん草はさっとゆでて水気を絞り、3~4㎝長さに切る。しめじはほぐす。Aは混ぜ合わせる。
  • 2フライパンにオリーブオイル小さじ1を熱し、ベーコン、ほうれん草、しめじをさっと炒め、取り出す。
  • 3鮭に塩、こしょうをふる。フライパンにオリーブオイルを熱し、鮭を入れ、弱火で焼く。焼き色がついたら裏返す。
  • 4鮭に火が通ったらAを加え、とろみがつくまでさっと煮詰める。
  • 5器に2、4を盛る。

アレンジ

サバやアジなどの青魚にも、タラなどの白身魚にも味噌マスタードソースはよく合います。鶏胸肉や豚ヘレ肉でも美味しくできますよ~。

産育食ワンポイントアドバイス

ちょっと洒落た一皿に見えますが、やってみると意外と簡単。みそのコクとマスタードの酸味のバランスが◎。お魚のりピレシピが増えるごとに赤ちゃんもよろこんでいるかも?!

関連レシピ

産育食レシピ一覧をみる

このページの上部へ