連載

編集部が見つけた素敵なモノ&コト

月とみのりアンテナ

赤ちゃんとの対面を指折り待つ日々や、
赤ちゃんと暮らし始めた新米おかあさんの毎日を、
ちょっと素敵に彩るモノやコト。
うれしい・たのしい耳寄り情報が満載です。

妊娠初期、つわりを楽にする服の選び方

妊娠初期、いちばんつらいことと言えば、つわり。一時のものとはいえ、つわりの最中は不快でたまらない気持になることも。そんな時のおすすめは…

食べたものを戻してしまう吐きづわり、食べずにいられない食べづわり、あふれるほどに量が増えるよだれづわり…
そんなつらいつわり期にできる、ちょっとしたポイント。
それは、シンプルに、衣服をゆるめること!

妊娠初期は体系の大きな変化もなく、特別なマタニティウエアでなくてもそれまでの服で過ごせますが、下着のしっかりしたワイヤーやゴムは胃やお腹付近をきゅっと締め付けています。

「妊娠中期にマタニティウエアを購入する時、やっとマタニティ用の下着を選ぶ妊婦さんも沢山います。でも本来はいつから使用しても大丈夫です。ただ、妊娠初期はそこまでお腹や胸に変化が無いのでワンサイズ上を着用することで対処してください。」
http://www.ikujizubari.com/morningsickness/clothes.html

マタニティウエアを未購入でも、まずは家にあるもので、なるべくゆったりとしたものを選びましょう。

 

習慣で身に付けている人は忘れがちですが、ガードルなどの補正下着やベルトももちろん、お腹を押さえてつけています。
ベルトも盲点!

「お腹がふくらむ前から、つわり中はお腹を締めつけない方が安心です。かがんだり、ちょっと態勢を変えただけでベルトがお腹を押したり固定しない方が、つわりの不快感もありません。」
http://www.ikujizubari.com/morningsickness/clothes.html

 

さらに首元もゆったりと開いている方が、吐き気がある場合は刺激にならず安心です。
衣類のチクチクやガサガサといった肌触りに加え、のどを暖めすぎることが刺激になるのがつわり時期の厄介なところ。

「深呼吸してみて首が苦しくないデザインなら、気分が悪くなった時も気になりません。また、嘔吐の続く時は首元がシンプルな方が扱いやすいので、タートルネックよりはUネックやボートネックがおすすめです。」
http://www.ikujizubari.com/morningsickness/clothes.html

 

つわり期の食事の取り方については、こちらのページを参考に。

「少量に分けて食べる」
「食べ物のにおいが気になるときは、冷蔵庫で保存してから食べる」
https://tsukitominori.com/expecting_eating/#expect_03

など、乗り切るヒントがいっぱいです。

つらいつわり。酸っぱいものが恋しくなりませんか?
妊娠初期のつわり。なぜすっぱいものが食べたいの?

つわり中でも、すっぱいものよりポテトがいい!という人も多いです。
妊娠するとフライドポテトが食べたくなるわけ

そもそもつわりとは何なのか、なぜ起こるのか?はこちらを参考に。
産育食ラボvol.2「つわりのなぜ?どうすればいい?」

つわりの吐き気をしょうがが和らげてくれるかもしれない、という耳よりなお話。
つわりに効く!?しょうがの吐き気を止める効果

月とみのり特製!「しょうが+ビタミンB6」のつわり対策レシピはこちら。
吐き気に効果あり!?ショウガとバナナのつわりドリンク3レシピ
試したい!つわりレシピ開発第2弾 食べるしょうが・その1
試したい!つわりレシピ開発フード編しょうが×バナナその2

すぐできる小さな工夫から、つらい時期をなんとか乗り気っていきましょうね。

このページの上部へ