連載

編集部が見つけた素敵なモノ&コト

月とみのりアンテナ

赤ちゃんとの対面を指折り待つ日々や、
赤ちゃんと暮らし始めた新米おかあさんの毎日を、
ちょっと素敵に彩るモノやコト。
うれしい・たのしい耳寄り情報が満載です。

液体ミルクついに販売開始!

月とみのりでもずっと追っていた国産液体ミルク。災害時の安全性や利便性、20年のオリンピックへ向けての海外旅行客需要などから開発が進められてきましたが、ついに販売開始されました。

母乳やミルクは赤ちゃんの主食。赤ちゃんそれぞれの状況や事情に合わせて栄養を選ぶものですが、長らく日本では国産ミルクは粉のみの販売が続いてきました。

しかし液体ミルクは諸外国ではすでに一般流通しており、常温で長期保存でき、そのままで赤ちゃんに飲ませられるので災害時等でも利点が大きく、国内での流通を望む声が上がっていました。
液体ミルクがついに実現?

実現へ向けての署名活動から始まり、内閣府で実現へ向けた会議が開かれ、そこから約一年というスピードで一般販売が開始されました。

現在は以下の2品が順次販売されています。

江崎グリコ アイクレオ 赤ちゃんミルク

 

明治 ほほえみ らくらくミルク

紙パックと缶という形状の違いに加えて、保存期間、容量、価格など細かい違いがありますが、複数からよりライフスタイルに合うものを選べるのはとても良いですね!
液体ミルクは粉ミルクを溶かしたものと同様、飲み残しを再度利用することはできません。しかし未開封で常温保存でき、そのままの温度で哺乳させてあげられるので非常時の備えとして大変に心強く、また細切れ睡眠になりやすく調乳に失敗してしまいそうな夜間授乳時や外出時などの利用にもとても便利です。

今後、他のメーカーやパッケージなど商品のバリエーションも増えていくかもしれません。
備蓄品としてはもちろん、気軽にお試ししてみることで育児をさらに楽しめる余裕が生まれる可能性もあります。是非前向きにトライして、これからをさらに期待して見守って行きたいですね。

このページの上部へ