つくるまいにち よだれカバーの作り方

つくるまいにち

抱っこ紐を使う際に便利なのがよだれカバー。汚れたら取り外してすぐに洗えるよう何枚か持っていると安心なグッズです。
とても簡単に作ることができるので、優しい素材を選んで作ってみてくださいね。

2015_10_01

第10回は、よだれカバーです。

抱っこ紐を使う際、赤ちゃんの口元に当たる紐部分を
舐めてしまわないようにカバーするものです。

我が家の息子も当然のごとく汚してしまったので、
最初はタオルを挟んだりしていましたが落ちてしまうことがストレスでした。
そこで抱っこ紐の色合いに合うタオルで作ったのが始まりでした。

洗い替えも考えると2~3組必要だと思います。
よく市販であるバイアスで包むタイプはちょっとハードルが高いので、
気軽に作れるタイプにしました。

マジックテープで作る際は、お洗濯の際にマジックテープを閉じて
洗濯機に入れる(ネットに入れるとさらに安心です)など
ちょっと注意が必要ですが、ミシンで縫うことができます。
スナップボタンを使ってもいいですし、お持ちの抱っこ紐に
合わせてサイズを調整して作ってみてくださいね。

最近は抱っこ紐のカラーやデザインもたくさんありますね。
同色系でまとめたり、シンプルな抱っこ紐には
可愛いデザインのよだれカバーにしてポイントにしたり….。
何種類か用意しておくと楽しくなりそうです。

作り方はこちらからです。

2015_10_02

※個別のご質問にはお答えできませんことご了承ください。

関連記事一覧