つくるまいにち ベビーブーティの作り方

つくるまいにち

1年間続けてきました「つくるまいにち」の最後はベビーブーティのご紹介です。
靴下よりも簡単に履かせることができて、抱っこの時期もベビーカーの時期もとても便利です。

2015_12_01

第12回は、寒さが厳しくなるこの時期に便利なベビーブーティをご紹介します。
小さな赤ちゃんの足を冷えから守るために便利なグッズとして
レッグウォーマーや靴下がありますが、ちょっと履かせるのが大変・・・。
そんな時にさっと履かせることができるベビーブーティは寒い時期のお出かけ必需品でした。

外布はボアやフリース素材で作るととても暖かいです。
ボア素材はカットすると毛が出てきて少し掃除が大変なので、
コロコロなどでしっかり毛を取ってから縫い始めるといいと思います。
縫ってみると縫い目が目立たず、とても綺麗に仕上がるので頑張ってみてくださいね。

内布は素足で履かせることも考えて、カットソー素材が伸縮性もあり
赤ちゃんの足にフィットしてくれるのでオススメです。
チクチクせず、赤ちゃんも嫌がることなく履いてくれると思います。

小さな赤ちゃんが、ブーティを履いている姿は何とも愛らしいです。
履くことがなくなっても、飾っておくだけで可愛いブーティは
履かなくなっても残しておいてあげると、その子が大きく成長した頃に
家族の思い出の品になってくれると思います。

型紙はこちらからダウンロードしてください。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + ++ + + + + + + + + +

forestdesign.info/thukurumainichi/rensai05

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + ++ + + + + + + + + +

作り方はこちらからです。

2015_12_02

※個別のご質問にはお答えできませんことご了承ください。

関連記事一覧